印鑑と女性

種類が増えている印鑑の作り方

印鑑が必要になったとき、比較的メジャーな苗字の方だと、三文判などであれば百円ショップなどでを手に入れることができますが、珍しい苗字の方だといちいちどこかに注文しなければなりません。また、フルネームの印鑑が欲しい方や、ペンネームなどの印鑑が欲しい方なども同様です。注文だと、発注から納品まで時間がかかり、今すぐ必要!というときには何かと不便です。
しかし、現在は「はんこの自販機」というとても便利なものが存在しています。こちらであれば、最安500円・最短5分ではんこが完成します。インターネットでの注文でも大体1,000円くらいはしますので、かなり安価と言えます。このはんこ自販機は大型ディスカウントショップやホームセンター、本屋さんなどに設置してあるようで、認印・銀行印・実印に対応しています。字体や文字配置、太さも設定することが可能で、横書きにも対応しています。素材には、プラスチック、牛角などがあります。価格ははんこの素材や大きさによって変わるため、文字数などで変わることはありません。500円でできる10.5mmのプラスチックのはんこから、15mmで5,000円の牛角はんこまで、幅広いニーズに対応しています。