印鑑と女性

チタン製印鑑は斬新なアイテム

印鑑といえばどんな素材を思い浮かべますか?定番の象牙や黒水牛、あるいは木製を挙げる人が大勢だと思われます。しかし最近では以下の二つの理由でチタン製印鑑が選ばれるようになっています。
■理由1 重さを生かして捺印がしやすい
チタンは金属です。その為象牙や木製と比較すると重くなります。重いという事は取り回しがしにくかったり、手足に落とすと痛いという不便もありますが重みを生かして捺印をすることが可能で、印影が鮮やかに残ります。
■理由2 メンテナンスが容易
印鑑を使用する際に厄介なのが使用後のお手入れ。朱肉をはやく拭き取らないと、素材に朱肉が染み込んで変色や擦れといった不具合の原因となります。銀行等にも朱肉を拭く為の紙が用意されているのもその為です。しかしチタン製は他の素材と比較して水洗いが可能でお手入れが容易です。木製は言うまでもありませんし、象牙も水洗いは不可能ですので使用後にすぐ朱肉を拭き取る必要があります。チタン製でもすぐに拭き取るのが良いですが、後で水洗いしつつハブラシで落とす。このお手軽さは他の素材には無い利点です。高級感溢れる象牙や黒水牛は長らく印鑑の定番でしたが、金属の光沢を持つチタン製印鑑は新たなデザインとなりました。
30代以上の男性やエグゼクティブ層の新たなファッションアイテムとして好評を博しています。素材の特徴等を含め、他とは違う物を持ちたい人にはオススメの一品です。